昔着物の活用方法

0

    皆さま 2月10日までアンティークフェアーを開催しておりましたが
    ​多くの方がネットショップにご来訪、又はご購入して頂さいました。
    本当にありがとうございました。ハート

     
    そこで、本日は昔着物の活用方法を少しだけご紹介させて頂きますき
    昔着物といっても色々ありまして、例えば普段着の銘仙や木綿の着物、
    色鮮やかな晴れ着もございます。
     
    ”着なくなったらどうしよう・・捨てるにはもったいないし、とりあえず
    タンスに大切にしまっておこう”  と言う方がほとんどだと思います。
    もちろんそれもOKです。 大切にとっておいてくださいね。晴れ
    昔の着物は今にない大胆な柄や斬新なデザイン、素材の良さ、色の美しさ
    など良いところが多いのですから少々汚れていても、小穴が開いていても
    破れていても(?) 価値があると思っています。ニコ
    でも、着れなくなったらぜひリメイクしてみてください。

     
    リメイク? 洋裁やったことないです” めんどくさそう・・・そう思うかもしれません。
    実は、昔着物は手縫いなので、はさみ一つで簡単に解けます。
     
    そして、すべて解けば細長い布になりますので、小物を作るのに最適です。
    可愛い小紋柄は小物に、大胆な柄はのれんなどのインテリアに適しています。
    1. 手帳の表紙にしてみる。(簡単な方法はノリ又は両面テープで貼るだけ)
     
    2. お友達にプレゼントするときの包装紙代わりに、布でくるんでリボンでくくる。
     
    ​3. 細長さを利用してストールにしてみる。(素材が絹であれば、とても軽くて暖かい
                         おしゃれアイテムとなる)
     
    4. 着物を着るときの色襟として、帯揚げとして再利用。
     
    5. 箱などに張り付けて可愛い小物入れに。
     
                (上の小物入れは上級編です)
     
    以上は、洋裁経験がなくてもどなたにも出来る事だと思います。
    又、洋裁までいかなくても針1本で、ヘアーアクセサリーや巾着も作れます。
    是非挑戦してみてください。
     
    洋裁する方は、もっと無限にその用途が広がってきますよ〜あひょうパンダ
    これからも、時々リメイクのご提案をさせて頂きますはーと

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM